普通の化粧品との違い

普通の化粧品との違い

お肌のプロであるお医者様が開発した皮膚科化粧品と、
一般的な化粧品の違いは何でしょう。

 

皮膚科化粧品か一般化粧品化に関わらず、
どれも似たような効果があると宣伝しています。

 

美白だったり、保湿だったりシワ改善だったり…
それはもう魅力的な言葉が並んでいます。

 

同じ効果を期待できるのなら、
皮膚科化粧品とか一般的な化粧品とか関係なく、
同じような成分が配合されているのではないかと疑ってしまいますね。

 

ですが、この世にドクターズコスメとかメディカルコスメといった言葉が
あるくらいですから、一般的な化粧品とは異なるポイントが必ずあるはずですね。

 

効果も成分も一緒なら、違いはどこにあるのでしょう?

 

それは、配合されている成分の含有率です。

 

一般的な化粧品に比べて
皮膚科化粧品やドクターズコスメの有効成分含有率は高くなっているのです。

 

有効成分がたっぷり入っているということは、その分効果も高くなり、
よりはっきりとしたお肌のトラブル改善を望めるという訳です。

 

これは薬事法という法律が改正されたことも関係するのですが、
何はともあれ、お肌にいい成分をたっぷりと使うことができるのが
皮膚科化粧品やドクターズコスメであると言えるのです。

 

また、それなりの知識を持った人が開発した一般的な化粧品と違い、
皮膚科化粧品はお医者様が開発したということで、
安心して使うことができます。

 

もちろんお医者様が研究を重ねた末に得られたデータを基に、
必要な成分をちょうど良い量で配合して、
お肌によくない成分は一切排除してあります。

 

これなら安心して使えるのもうなずけますね。