生活習慣・食生活

生活習慣・食生活

お肌のトラブルの原因として最も大切なことは、
生活習慣と食生活です。お肌は生きています。

 

仕事が忙しくてなかなか休む暇がないと体は疲れてしまいます。
お肌も同じです。
適度な休息を与えなければお肌も疲れ切ってしまいます。

 

結果的に様々なトラブルが起こってしまいます。

 

お肌をつくっている無数の細胞は常に新しい元気な細胞に生まれ変わっています。
これはターンオーバーと呼ばれています。

 

細胞が健康に生まれ変わるためには栄養分が欠かせません。
栄養分が足りなければ、新しい細胞に生まれ変わる元気を
もらうことができません。

 

細胞が元気な細胞に生まれ変わることができなければ、
お肌はどんどん劣化してしまいます。

 

お肌を構成している成分は、年齢と共に減少するのが普通です。
それがお肌の劣化や老化につながります。

 

お肌の劣化や老化を促してしまうのが不規則な生活習慣や乱れた食生活です。

 

毎日のように夜更かして十分な睡眠時間が確保されていなかったり、
お酒を飲みすぎたり、食事の時間が決まっていなかったり、
そしてタバコを吸っていたり…そんな生活習慣がお肌の生まれ変わり、
つまりターンオーバーを狂わせる原因なんです。

 

特に気をつけなければならないことは睡眠です。
お肌の細胞が最も活発に生まれ変わるのが
午後22時から午前2時といわれています。

 

この時間帯になれば、どんな時でも活発なのかといえばそうではなく、
この時間帯に睡眠をとることが大切なんです。

 

お肌は睡眠中に生まれ変わります。
お肌を休ませるという意味でも、その日一日の汚れをきれいに落とし、
睡眠をとらなければいけません。

 

お肌トラブルを防ぐためには、
規則正しい生活とバランスのとれた食事が何よりも大切です。