美白・シミ

美白・シミ

若いころに受けた紫外線の影響は
数年後に必ずお肌にシミとなって現れます。

 

ですからシミが目立つようになってから美白にあこがれても、
正直手遅れなのです。

 

今、日焼け止めなどでお手入れするのは、
あくまで今後のシミの発生を防ぐための対策に過ぎません。

 

新しいシミができるのを防ぐことはできても、
以前浴びた紫外線の影響でできてしまったシミを
消すことは容易ではありません。

 

少なくとも一般的なお肌ケア用の化粧品では、
納得のいく効果を得るのは難しいでしょう。

 

なぜかというと、シミに効果的な成分であるビタミンCは
非常に非安定で壊れやすい成分です。

 

しかも、水溶性で水に溶けやすいため、
一般的に化粧品配合されているのはビタミンC誘導体と
なっていることがほとんどです。

 

ビタミンC誘導体にすることで、お肌への浸透力を高め
吸収しやすくするのです。

 

ビタミンCは美白や色素の沈着などに効果が認められていることは事実です。
ですが、ビタミンC誘導体にも種類があります。

 

一般的な化粧品に使われるビタミンC誘導体は、
価格は手頃なのですが刺激の強いものが多いのが現状です。

 

ですから刺激を抑えるためにビタミンC誘導体の濃度を低くしているのです。
ですから、一般的な化粧品では、宣伝されているような
劇的な効果は期待できないのです。

 

ビタミンC誘導体は配合制限がありません。
ですから、美白効果のある皮膚科化粧品の場合は、
かなりの高濃度になっている場合があります。

 

敏感肌の場合は刺激が強すぎることもありますが、
美白やシミ予防を目的とした場合には、
確かな効果を実感できるのです。